病気・症例報告

tel_sp.png

2018.02.18更新

角膜とは眼球の最も外側を形成している透明な膜です。

角膜が何らかの原因により透明性が失われてしまうと、ものが見えづらくなってしまいます。

原因によっては痛みが出ることもあります。

いくつかある角膜の透明性が失われてしまうトラブルの中で、角膜変性について症例をご報告します。

 

症例)チワワ、発症時6歳

治療前・右眼

kakumaku1

左眼

kakumaku2

治療後(1年以上継続治療中)

右眼

kakumaku3

左眼

kakumaku4

 

上記の症例は飼い主様の熱心なケア・治療により非常に経過が良いです。

角膜変性の治療は原因により異なり、通常、根気強く長期間にわたって行う必要があります。

そうならないことが一番ですが、気づいた時には変化が出ていることがほとんどなので、病院に足を運ばれた際は、目も確認してもらって下さいね。

---------------------------------------------------
藤沢市の辻堂にあるりほの動物病院
犬・猫の予防からトリミング、や眼科診療を得意としております。
また、避妊や去勢手術などもしております。

動物のことなら藤沢市のりほの動物病院にお任せ下さい。

りほの動物病院
〒251-0056
神奈川県藤沢市羽鳥3-20-7 NSビル1階
TEL0466-36-1277
------------------------------------------------------

 

 

投稿者: りほの動物病院

tel:0466-36-1277 AM9:00~12:00 PM16:00~20:00 休診日 木曜・日曜・祝日

藤沢市・辻堂の【りほの動物病院】は飼い主様との絆作りを大切にしております。動物にやさしい診療を心がけています。© りほの動物病院