病気・症例報告

tel_sp.png

2018.03.06更新

眼瞼内反とは【まぶた】が正常な位置より内側を向き、眼球・角膜方向に向かう状態のことです。

まぶたが内側に向くことで、角膜や結膜に皮膚・被毛が接触し傷がつきやすくなります。

内反が原因で傷がついた場合は、内反を矯正・改善しないことには傷は治りません。

程度にもよりますが、外科的治療が必要な場合が多いです。

また猫は犬と違い、何度も繰り返し角膜に刺激が加わると、角膜黒色壊死症という別のトラブルを併発してしまう可能性があります。

 

症例)アメリカンショートヘアー、3歳、避妊メス

   ペットホテルで預かっている(当院)際に、スタッフからいつもより眼の開きが悪いということで発覚。

右眼

naihann1

眼瞼を整復すると、

naihann2

かなり角膜側に入り込んでいました。

 

左眼

naihann3

左眼は撮影時、内反は認められませんでしたホテル中に内反した状態になりました。

幸い角膜に傷はありませんでしたが、矯正が必要なレベルと判断しました。

 

---------------------------------------------------
藤沢市の辻堂にあるりほの動物病院
犬・猫の予防からトリミング、や眼科診療を得意としております。
また、避妊や去勢手術などもしております。

動物のことなら藤沢市のりほの動物病院にお任せ下さい。

りほの動物病院
〒251-0056
神奈川県藤沢市羽鳥3-20-7 NSビル1階
TEL0466-36-1277
------------------------------------------------------

 

 

 

 

投稿者: りほの動物病院

tel:0466-36-1277 AM9:00~12:00 PM16:00~20:00 休診日 木曜・日曜・祝日

藤沢市・辻堂の【りほの動物病院】は飼い主様との絆作りを大切にしております。動物にやさしい診療を心がけています。© りほの動物病院