スタッフブログ

tel_sp.png

2013.12.18更新

こんにちは


今日は、ヘルペスウイルスによる樹状潰瘍を呈したメインクーンのピロシキちゃんについて書きたいと思います。


症例)

ピロシキ、メインクーン、5歳

 

 

主訴:約1ヶ月前から左眼の目やにが多い。目をショボショボしていることもあり。


一般身体検査は特に問題なし。


検査所見:左眼内眼角に赤褐色の目やにが付着、左瞼結膜に中程度の充血

       前房フレアなし、未染色の状態で、角膜中央に樹状の白濁確認


      フルオレセイン染色実施→樹状の白濁が染色される

 

 

上記の検査所見と動物種を考えるとヘルペスウイルスによる角膜炎からの潰瘍と、瞼結膜炎から目やにが増加していると推測される。


治療:PAヨード剤の点眼


今後、治療の反応が悪ければLリジンや抗ウイルス剤の併用も検討したいと考えております。

 


〒251-0056

藤沢市羽鳥3-20-7 NSビル1階

TEL0466-36-1277

院長 藤川雅也

投稿者: りほの動物病院

tel:0466-36-1277 AM9:00~12:00 PM16:00~20:00 休診日 木曜・日曜・祝日

藤沢市・辻堂の【りほの動物病院】は飼い主様との絆作りを大切にしております。動物にやさしい診療を心がけています。© りほの動物病院